シンバル Cymbals Becken Cymbale Piatti

金属製体鳴楽器の一種。2枚一組で打ち合わせて音を鳴らすもの(合わせシンバル、左の画像)と、1枚を吊るすか棒状のスタンドにのせて撥で叩いて音を鳴らすもの(サスペンデッド、右の2枚の画像)の2種に大別される。特に前者はオーケストラや吹奏楽の花形楽器である。その起源は非常に古い。
材質は銅を主体とした合金で、混ぜる金属の種類や分量に音色が大きく左右される。また、現代では様々な形状のシンバルが開発され、「チャイナ・シンバル」「スプラッシュ・シンバル」などが広く世間に知られている。
元々オスマン・トルコ軍の軍隊楽器であったシンバルが西洋芸術音楽に採用されるきっかけとなったのは、オスマン・トルコ軍のヨーロッパ遠征である。トルコとヨーロッパ諸国の和平確定後、「異国」好きだったヨーロッパ人の間でトルコブームが起き、それに音楽家が便乗してトルコ風の曲を多く書いた。
軍楽的な楽曲以外でシンバルが使われ始めたのはロマン派の時代に入ってからのことであり、特にチャイコフスキーは効果的に使用している。
近代以降、奏法も多く開発され、新たな可能性の追求が常に行われている楽器である。

各国の表記
合わせシンバル、または単にシンバル:cymbal(s)(英)、Becken(独)、cymbale(仏)、piatto(複数形はpiatti)(伊)、Cinelli(伊)
*”a2″等の用語によって『2枚の』と指定されていることもあるが、何も指定されていない場合においては原則として合わせシンバルを用いる。

特にサスペンデッド・シンバルをさす時:suspended cymbal(英)、cymbale suspendue(仏)
*この他、『撥で叩く』『吊るす』『スタンドに乗せる』などの表現が使われている場合はサスペンデッド・シンバルのことである。

発祥地 トルコ?

活躍する曲 (オーケストラ・スタディによく出る曲)
ラフマニノフ:『ピアノ協奏曲第2番』
チャイコフスキー:『交響曲第4番』、『ロメオとジュリエット』
ムソルグスキー:『禿山の一夜』
シベリウス:『フィンランディア』

主なメーカー
Zildjian(ジルジャン、現存する最古のメーカー)、SABIAN(セイビアン)、ISTANBUL(イスタンブール)、PAiSTe(パイステ)、Turkish(ターキッシュ)、小出、etc….

省略表記
Cym.、Cymb.、Bck.、Beck. etc
特に合わせシンバルをさす時:Cr.Cym.、Pti.、Ptti. etc
特にサスペンデッド・シンバルをさす時:C.S.、S.Cym.、Sus.Cym.、Susp.Cym. etc

その他の省略表記
mit T.:シンバルを伴って(大太鼓とシンバルが一つの譜面に書いてある時)
ohne T.:シンバル無しで(大太鼓とシンバルが一つの譜面に書いてある時)
+:スティックまたはマレットで叩く(主にロシアの作曲家が使用)
○:合わせシンバル(主にロシアの作曲家が使用)
(最終更新日:2010/7/8)

投稿者: 泉 純太郎

フリーの打楽器奏者としてオーケストラや吹奏楽を中心に活動しており、現在までに日本センチュリー交響楽団、Osaka Shion Wind Orchestra(旧称:大阪市音楽団)、関西フィルハーモニー管弦楽団、京都市交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、モーツァルト室内管弦楽団、エウフォニカ管弦楽団、日本ウィンド・アンサンブル『桃太郎バンド』、などのオーケストラ、吹奏楽団の演奏会に客演奏者として出演している。 アレクサンダー・テクニーク教師になるべくBodyChanceにて勉強中!

コメントを残す