ヴィブラフォンとマリンバのための「トッカータ」(アナス・コッペル)

上級者向け打楽器2重奏曲。マリンバもヴィブラフォンもかなりの技術を要する。
ただ、それに見合うだけの豊かな音楽があるため、よく演奏されている。

タンゴやワルツ、フーガといった様々な要素が含まれており、演奏時の凄まじい視覚効果もあいまって、成功すれば客受けは期待できる。
ただ技術を見せたいだけなら他の曲を選ぶべし。 “ヴィブラフォンとマリンバのための「トッカータ」(アナス・コッペル)” の続きを読む

ソング・ブック(デイヴィッド・マスランカ)

デイヴィッド・マスランカは近年日本でも吹奏楽曲を中心に人気が出てきている作曲家です。わかりやすい旋律や楽曲構成に、時折出てくる斬新な和音が特徴です。室内楽曲も多く手がけており、これからどんどん演奏されていく作曲家ではないでしょうか。
この「ソング・ブック」はアルト・サクソフォンとマリンバのデュオのために書かれており、7つの楽章から構成された大曲です。それぞれの楽章は3~5分程度ですが、全曲を演奏すると30分程になります。どの曲も極めて難しく、演奏するのはかなり大変です。 “ソング・ブック(デイヴィッド・マスランカ)” の続きを読む

プサッファ(ヤニス・クセナキス)

作曲者のクセナキスはルーマニアで生まれ育ち、大戦後フランスで暮らしたギリシャ人。建築が専門で、自身の曲にもそれを適応している。彼の曲は全て数学的に分析できるそうです。

「プサッファ」は紀元前6世紀ごろ存在した古代ギリシャの女流詩人の名前。この詩人は韻律を巧みにつけたそうで、音楽によってそれを表現したのがこの曲である。

尚、この曲の楽譜は通常の五線譜や音符を使用しておらず、升目に黒点を置いて演奏のタイミングを指示している。

コンクールや実際の演奏会でも取り上げられることの多い曲である。 “プサッファ(ヤニス・クセナキス)” の続きを読む

雨の樹(武満徹)

打楽器アンサンブルの名作として国内外を問わず広く演奏されている。

大江健三郎の 『頭のいい「雨の木」』に触発されて書かれた作品であり、武満は他に「雨の樹 素描」、「雨の樹素描II~オリヴィエ・メシアンの追憶に」という二つのピアノ曲も書いている。

この「雨の樹」では、「樹が葉から水滴を滴らせる様」が表現されている。
マリンバ2人でヴィブラフォンをはさむように配置され、各奏者に数個のクロテイルが配されている。マリンバやヴィブラフォンのマレットを持った上でクロテイルを叩くための硬いマレットを持たなければいけないため、片手に3本のマレットを持つ奏者も出てくる。
本来は照明とシンクロしている作品で、楽譜には暗転、明転、スポットライトなどが細かく指示されている。 “雨の樹(武満徹)” の続きを読む

Inspirations Diabolique (Rickey Tagawa)

リッキー・タガワ氏はジュリアード音楽院でエリオット・カーターやルチアーノ・ベリオらと共に作曲を勉強しているようです。この曲以外にも打楽器作品を多く作曲しているそうですが、残念ながら資料に乏しいので確認できません。
(imslpにRick Tagawa Masanoriという作曲家のページがありますが、同一人物でしょうか・・・?)

Inspirations Diaboliqueは、「悪魔の霊感」「悪魔の肖像」「悪魔の印象」など訳されますが、一般的に流布した邦題は無いようです。 “Inspirations Diabolique (Rickey Tagawa)” の続きを読む